2014/05/07

鬼のトンネル 日本一周28話 石川-富山


迫力のある美しい門!

金沢にある立派な門。「世界で最も美しい駅」に選出された駅である。
 海外ウケがよさげな和を象徴したデザインが特徴的。選ばれたのも納得だ。
時代の先をいく木造が目を引く。別れを告げて次の町に旅立った。



本編はじまり!
爺ちゃん婆ちゃんの朝は早い。公園でゲートボールがはじまります。
 「高校生~?お兄ちゃんココで寝たの?」みなさんと朝からワイワイする。
若くてとっても元気です。楽しく話して出発。今日は金沢観光します。



まずは武家屋敷の町並みを散策。トントン。後ろから声をかけられます。
 和菓子屋『たろう』の店主さんです。お店の準備中らしくお菓子を頂きました。
最近の若い人もターゲットにした、新しい和菓子を目指しているそうです。



一歩一歩着実に進む事が大切で、成果がカタチになりつつあるらしい。
 「日本一周もきっと同じ。頑張ってね」とオジサン笑顔。エネルギー貰った!
心のノートにメモ。金沢に来たら必ずまた寄りますね。お次は庭園へ。



 走ってると女子中学生が眩しい笑顔で応援。「頑張ってくださぁ~い!」
 「おう!ありがと!」どこかぎこちなく返します。みんな素直でいい子だ~!
なんつー出来た子たちなんだ。誰かの中学の時とは大違いだな!笑



あっというまに『兼六園』到着です。石川県の庭にやってきました。
日本にある3大庭園の一つでもあります。とても高貴な表情をしている。
水の流れる音が心地いです。反射する水面に癒される。寝れそ~!



庭園の中はかなり広い。いい東屋もあります。ちょっくら休憩しよう。
 「今日はここに寝袋敷いて寝るか~!」って思うほどに居心地がいいです。
日差しの下でストレッチして足をほぐす。マジでこれ夢の中にいける。



鯉も見ときます。「コイツどーせ餌くれない人間だぜ」「こいつもかよー」
そんな声が聞こえてきました。生意気な魚達です。あいにく餌はありません。
図星だよ、お前達わるいな。申し訳ない気持ちで庭園を後にします。



ミッション達成のためあの場所へ向かう。ん?おばさんが叫んでいます。
「どっから来たのぉおおー?」買い物袋を持った奥さん。帰宅中みたいです。
 「長崎でぇええ-す!」大声で返します。自転車で近くまで移動する。



せっかくなので道を教えていただきました。そして難なく到着です。
なんつービッグサイズだ。写真に収まりません。石川県庁ゲット(7/47)
 今までの県庁とケタ違いのデカさ。iPhoneとiPadくらい違いました。



頂いた和菓子を食べながら金沢を去りました。気合で坂道を登る。
汗が腕からブワーっと吹き出す。そして富山の南砺市が見えてきました。
途中で竜宮城みたいな道の駅がありました。涼んでスタミナ回復。



まだまだ走るぜ!世界遺産を目指します。今日は近くまで行くつもり。
昨日出会った多聞天さんによると、これからの道は『キチガイ坂』らしい。
 「さすがにあの坂は楽しんでとは言えない」そう教えてくれました(笑)



標高ガチの坂はこれがはじめて。山道に入ると緊張感が高まります。
 まー実際登ってる人はいるんだしな。みんな同じ人間だし行けるっしょ!
 おっしゃぁあああ!!!いったるわー!!!レディゴー!!!



空が暗くなってきました。急いで行こう。街が小さくなっていきます。
漕いだり押したりを繰り返しながら少しづつ登っていきます。シンドい!
 ふと朝出会った太郎さんの言葉を思い出しました。「一歩一歩着実に」



すると強そうなトンネルが現れた。恐る恐る暗い中を走りだします。
  全長3キロほどあるみたいです。走っても走っても景色が変わらねえ!
平衡感覚マヒするわ。おっ!あれは外の光だ。脱出成功\(^o^)/



めっちゃ寒くなってきたぞ。チャリを止めて黒いブレーカーを着こむ。
もう暮れます。夜の山道はキケンです。ペダルを思いっきり踏んでいく。
 おっしゃきたぞ下り坂ー!!!また上り坂ー!!何これ長すぎる。



おおお!山に雪かかってるじゃん!かなり高い所まで来たんだな。
 ビューンビューン・・・激サムやないか。だけどこの程度ならまだいける!
寝床が呼んでいます。気合で極寒を超えろ、もうひと踏ん張りだ。



おっしゃー!『道の駅 上平』 大っきい駅です。寝る場所を探します。
 ベンチがあったのでここで寝ましょう。メシと洗濯を済ませて寝袋に入る。
 明日はお楽しみの世界遺産が待ってる。合掌造り集落の『白川郷』!



次回につづく。。


ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿