2014/09/15

1万キロ 日本一周159話 佐賀-長崎


一万キロ突破!!

念願の10000越えを果たす。ただの数字だけど大きな意味がある。
いつまでも大切にしたい記録。出会った人や景色がここに詰まっている。
しばら走っていると知ってる道が飛び込んできた。うおっしゃあーっ!



本編はじまり!
「おはようございまーす」朝起きるとテントの外から声が聞こえる。
こんな早く誰だろう?これまで一度もなかったけどついに職質かな。
気を引きしめて顔を出してみると、散歩中のおじさんでした。



若い頃に世界一周したそうです。今は休日に日本を旅してんだって。
楽しく話してお別れ。何この世界を予感させる伏線。行かないけど!笑
それから川横に降りてみます。たしか初日はここで寝たんだよな~!



想いを馳せてると、今度は清掃のおじさんから差し入れを頂きました。
前は沼ハマったり散々だったのに、今回は嬉しいことばかり恵まれてる!
朝飯!リンゴ!ナシ!ブドウ!一個だけポリエステル的でまずいです。



ビタミンをチャージしてGO。走ってすぐに一万キロ突破ー!!!
念願の記録です。今は100キロですら近いって思うようになりました。
つーかよく走ったよな。意味不明・・・というかただのバカだろ!笑



グッと日差しが強まってきたぞ。首にタオルを巻いて気合いをいれる。
峠ひとつ越えれば見慣れた景色があるはずだ。多良岳を攻めていきます。
エグい坂道がクソきついです!勾配何パーセントあんだよ\(^o^)/



ここからは行きとは違うルートになります。うおりゃあああっつ!!
富士山や渋峠に比べたらこんなのお子様レベル。。ラクショーだぜ!
一心不乱に足を回していると、道脇に大きなダムが現れました。



「どこまで行くとぉ?」そう言って現れたのは地元に住む老夫婦。
「日本の夜明けまで☆」てーのはさすがに初対面では言えねーか(°_°)
「北海道まで行ってきて、今は長崎に一時帰宅中なんですよ~!」



がばい驚いた様子のお二人。一緒に記念撮影をしてお別れしました。
トンネルが涼しいです。もう一息がんばるぞ!そして半年振りの長崎へ。
うおぉ。。毎日違う景色ばっかり見とったけん、なんか懐かしかばい!



あとは下り坂を降りるだけです。ジェットコースターレッツゴー!!
お!おばさんが手を振っています。野良猫に会いにきた途中そうです。
ネコに食べさせる予定だったという、おやつを頂いちゃいました。



こんなにたくさん。数日は生きていけるボリューム。長崎大好きだ!
それから大学時代の仲が良かった友達にゆかりある駅が見えてきます。
写真撮ったら喜んでくれました。ローカルネタすぎてすんません(笑)



さらに森園公園に自転車を止めて一休みします。ここも懐かしいな。
感動してると凧が海に墜落します。小学生がタコ揚げしてたみたいです。
絡まりをほどいて渡してあげる。さすが長崎一の優男( ´ ▽ ` )ノえ!?



せっかくだし町を散策しよう。見慣れた景色なんだけどどこか新鮮です。
前は気づかなかった発見がある。大村ってこんな魅力が詰まってたんだな。
小さい頃に読んでた本を、大人になって開いた時の気持ちになりました。



空港で道草。車で通る時は見過ごしていたけれど、爽やかな道です。
ランナー達がここで汗を流していました。右も左も海で気持ちがいいぜ。
風に吹かれながら走る夕方のひととき。そろそろアメリカ西岸いくか!



ナガサキのカリフォルニアが広がります。やさしいサンセットパーク。
橙の夕日が可愛く揺れて、色んな人たちがぼんやり空を眺めています。
いつ見ても不思議な気持ちになります。変わる空が温かくて切ない。



シメは温泉です。豊富に種類があってテーマパークみたいな感じ。
ぷは〜!いい湯だな。「兄ちゃん焼けてるなぁ。スポーツしとるとか?」
え?曇った鏡を見ると黒人がひとり。今なら松崎しげると並べる。。



あー!芯からサッパリしたわ~。長旅の疲れが吹っ飛びました。
夜は仲良しのインド的な人と待ち合わせ。面白い感性の持ち主です。
これまでの話や近況を聞いたりして、楽しい時間を過ごしました。



焼肉で動物性タンパク質しっかり吸収です。うんま!舌が喜んでる。
忙しいのにありがとう。夜は目星をつけていた公園に寝袋を敷きます。
真っ暗に染まった空を見上げ今日を振り返る。やっぱ地元最高だ!


次回につづく。。



ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿